POLICY

経営理念

自主と自立を失わず、情報化ニーズを探り、ユーザーニーズにこたえる

より前向きに、より確実に

私たちは北洋銀行のコンピュータ部門が独立して設立された会社です。私たちは北洋銀行の情報系システム、サブシステム関連の開発運用を担当しています。また、収納代行サービスによるお客さまの事務効率化支援や北洋銀行のグループ会社に対するIT関連支援にも取り組んでいます。

今日まで、金融機関のシステム開発で培われた知識と経験を生かし、より高い品質、より優れたコストパフォーマンスのサービス提供を目指して努力してまいります。

SDGsへの取り組み

北洋システム開発株式会社では経営理念のもと、社会課題に正面から向き合い、持続可能な社会の実現を目指します。以下の具体的な取り組みを通じて、SDGs達成に向けて積極的に貢献していきます。

2022年2月18日
北洋システム開発株式会社
取締役社長 櫻井 誠

SDGsの達成に向けた取り組み

  • 地域に根差した経営

    地元の人材を積極的に活用し、地域と共に歩み続ける企業を目指します。

    具体的な取り組み
    • 地域人材の積極的な採用
    • 定年後の延長雇用制度
    • インターンシップの受入
    • 「さっぽろ圏奨学金返還支援事業」認定企業
  • 働きがいのある職場づくり

    職場環境の改善、ハラスメントの根絶、性別等による差別の撲滅に取り組み、従業員一人ひとりがより活躍できるような職場環境を整備していきます。

    具体的な取り組み
    • あらゆる雇用条件で差別しない体制
    • 衛生委員会による職場環境改善、健康維持への取組
    • 資格取得の奨励金制度、資格手当制度
    • ハラスメント研修の実施
    • 定期健康診断の実施および受診状況管理
    • 育児休業、介護休業、介護時短勤務制度の利用推進
  • 環境へ配慮した企業活動

    省エネヘの取組として、職場内でのこまめな消灯や空調管理を実施します。
    また、社用車をハイブリッドカーヘ入れ替えるなど、環境に配慮した企業活動を実践していきます。

    具体的な取り組み
    • ゴミ分別の徹底
    • 照明のこまめな消灯、空調の控えめな温度設定
    • ハイブリッド車の導入
    • 環境配慮型製品の利用推進
    • 社内資料のペーパーレス化
  • 法令遵守の徹底

    コンプライアンスガイドの作成や定例的な社内研修を通じて従業員のコンプライアンス意識を高め、社会から信頼される企業となることを目指します。

    具体的な取り組み
    • コンプライアンスガイドの作成
    • SDGsへの取組についての社内周知、HP掲載
    • 定例的なコンプライアンス研修の実施
    • 個人情報保護、管理の徹底
    • BCP(事業継続計画)の策定
    • 最新セキュリティヘの対応

SDGsとは

SDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称で、2015年9月に国連で採択された2030年までの国際目標。「地球上の誰一人取り残さない」をスローガンに、持続可能な社会の実現を目指しており、経済・社会・環境などの分野で17の目標と169のターゲットで構成されています。

VI【ビジュアル・アイデンティティ】

当社のビジュアル・アイデンティティについてご紹介いたします。

コンセプト

お客さまの「ニーズ」を知識と経験で「満足」に変えてゆく、共に豊かな未来を築く会社を目指します。

  • コンセプトに込めた意味・思い金融機関システム開発で培われた知識と経験を活かし、更にその幅を広げ総合情報サービス企業として、お客さまの豊かな未来を築き共に歩み続ける会社を目指します。

シンボルマーク・キャッチフレーズ

シンボルマーク

“H・S・D”の3文字を組み合わせてお客さまとの「結びつき」・社員の「結束」を表し、スクエア(四角)の集合で形成することで「誠実さ」を表現しています。
また、コーポレートカラーのコバルトブルーは、誠実、洗練、そして若々しさを表しています。

キャッチフレーズ

FaceForward to the Future(豊かな未来へ)

FaceForward(前向き)+Future(未来)
社員が仕事に常に前向きに取り組み、お客さまのニーズを共に実現化していく姿勢と、お客さまと北海道の豊かな未来を築くために貢献していく意味(思い)を込めました。